候補地の状況

 候補地は標高約600mに位置する杉の造林地で、すぐ隣を西荒川が流れています。

 西荒川は、西荒川ダムに注がれ、やがて東荒川と合流し荒川となり、那須烏山市で那珂川と合流し、太平洋に注ぎます。

 

 平成27年9月の関東・東北豪雨により、西荒川が氾濫し、候補地の一部が冠水しました。候補地周辺の過去の降水量データを調べてみると、数年に一度は、今回の関東・東北豪雨と同等、又それ以上の降水量を記録していることが分かりました。

 この地域は、今回のような豪雨の度に、河川の氾濫や土砂崩れを繰り返し、少しずつ地形を変えながら、現在の姿となっています。そして、これからも大雨が降る度に、また少しずつその姿を変えていくことでしょう。

 そのような不安定とも言える場所に、建造物を、、、ましてや安心安全な施設を造ることが本当にできるのでしょうか?

現地視察のご案内

 塩谷町役場では、最終処分場詳細調査候補地の現地視察会を常時開催しています。

 穏やかで自然豊かな水源地が、今危険にさらされようとしている状況を、ぜひご自身の目でご覧下さい。

 詳細は、塩谷町役場のHPをご覧ください。

 

【同盟会上寺島事務所】

〒329-2216

栃木県塩谷郡塩谷町大字上寺島431-1

   Tel 0287-48-6230

【メール】

doumei@outlook.jp

 

 

連絡網登録

アドレス

doumei_touroku@outlool.jp

【facebook】

【twitter】

カウンター